10万キロ以上走った車の査定

 

10万キロ走っている車でも高く売ることが出来ます!

 

10万キロ以上走った車の査定

 

中古車の売却でよく言われているのが「10年落ち、10万キロ以上の車は売れない」都市伝説のように語り継がれていますが、決してそのようなことはありません。

 

10年以上経っている車でも売ることが出来ます。人気のある車種では(あえてこちらでは車種は出しませんが。)新車から10年経った今でも、中古車が新車同様の価格で取引されているお車も存在しています。

 

さらに、その車種は10万キロ以上走った状態でも、今でも200万円は価格が付きます。最低レベルでの話なんですけどね。なので、10年経っていようが、10万キロ以上走っていようが売ることが出来ると言うことです。ですが、どこに売却しても良いわけではないんです。

 

ココからが重要なお話になりますが、車の価値は各買取店によって様々な印象になります。各買取店にも好きなお車があります。あなたも好きでもない車に200万円の価格で中古車を購入することはありませんよね。それは、買い取り店も同じなのです。その会社には会社の得意な中古車があるのです。

 

例えば、プリウスの売却の際に得意なA社は100万円で買取ると言いますが、B社では販売出来る見込みが立たないので、在庫を抱えるリスクも考え70万円で買取ると言います。様々な状況から、買い取る時には、買取り価格に差が生じます。100万円の車を10万円で買取る店舗はなかなかありませんが、30万円くらいの開きは普通にあり得ます。国産車なら30万円くらいで済みますが、輸入車は、50万円モノ買取価格の差が出てしまうケースもありますから、売却には慎重にいきたいですよね。

 

ですので、車の売却には複数の買取店から見積もりを出して貰うのが一番おすすめです。最近は、スマホからでもかんたんに愛車の買取価格を調べることが出来ますのでお時間がある時に検討されてみてはいかがでしょうか?

 

ガリバーやビックモーターなどの大手中古車買取店が何社も参加しているので高価買取も期待出来ます。年式が古いお車や、走行距離が多い車などは、実店舗に持ち込む前に“実際に売れるのか?”をインターネット上で調べることが出来ます。利用すると必ず愛車を売却しなくてはいけないということはありませんので、便利なサービスですね。

 

⇒ガリバーが参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格相場を調べてみる(無料)