カーボン製次世代スープラをトヨタBMWが開発

 

カーボン製次世代スープラをトヨタBMWが開発

 

次世代スープラがトヨタとBMWの共同開発で作られる。基本的にはFRで行くだろうが時代の流れから言えば燃費性能はどうされ利用するかはこれからスポーツカーには重要な話だ。目標数中360 PSあればエンジンが200ps、モーターで60psとすれば燃費も大きく向上するだろう。

 

それになんといってもZ4は、既に新型7将長されてるようにカーボンにも使って新世代のボディーの導入間違いない。現行のBMWゼットフォー(Z4)の車重量は1600キログラム。次世代スープラはそれよりも150キログラム以上も軽い。ベースプラットフォームはアルミとスチール。ボディー今当落ションはカーボンとなれば相当高額になるがBMWは北米のカーボン繊維会社、SGL社を買収。豊富の水力発電により安価にカーボンの量産化が可能にしました。

 

カーボン製次世代スープラをトヨタBMWが開発
※画像はFT-1で、次世代スープラではありません

 

トヨタとの提携の中にこの軽量化技術もあり当然共同開発される次世代スープラのこの技術が生かされる。
パフォーマンス的にもオールラブ武器性能となる燃費も同様に軽量化建てて10パーセント以上これにトヨタがアイシンの8速ATとハイブリッド郵貯供給することで30パーセント以上の改善が見込め。トータルでは現行のBMWゼット4よりも40パーセント近く燃費が良くなるという情報もある。

 

問題なのは価格で現在のところ500万円台から800万円以上と予想されている。これがカーボンかやハイブリッドを投入するとどこまで上がるのか。BMWブランドであれば100万円近くアップされても購入するユーザーはいるだろうが、トヨタスープラではどうなるのか。
900万円ではやはり高いか。これから2、3年後BMWが魅力的な未来的なスポーツカーを作ったとき、スープラはそれだけの価値はあると思えるかもしれない。BMWがなぜスポーツカーことになったの方が前でのトヨタ関係者は、BMWはトヨタとの提携列目に50対50の対等の立場でいたいようです、エフ強い技術は一方的に道だから渡すことになるのでスポーツカーではBMWがイニシアチブを握りたいということでしょう。次世代のスープラデビューは3年後の平成30年になりそうだ。

 

 

次世代スープラの価格が800万円くらいになると予想されています。正直、私としては「購入出来る」許容範囲です。お家を買うよりも安いですよね。次世代スープラを35年ローンでも組んでみたいですね。トヨタさん、BMWさんの夢の見られる価格設定に期待しています!
⇒ガリバーも参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格相場を調べてみる(無料)