インターネットを利用して車を売る

 

一括査定を使用して車を売る大まかな流れをご紹介します。車を売る流れは、一括査定に申込む、買取業者から連絡がある、実車査定を受ける、契約、引渡し、入金、といった流れになります。まず、一括査定に申込みます。インターネットの一括査定サイトで、車の車種・メーカー名・年式・走行距離・個人情報といった必要事項を入力します。入力は簡単で、5分程度で済みます。次に、買取業者から連絡があります。一括査定に申し込むと、複数の買取業者からメール・電話で連絡が来ます。どれくらいの連絡が来るかは、あなたの車に興味を示した買取業者の数やあなたが住んでいる地域によります。ここであなたの車の概算査定額が提示されます。しかし、あくまで概算査定額であって、正確な査定額ではありません。各買取業者の概算査定額を比較して、査定を依頼する業者を絞ります。ここで絞った業者と査定の日時・場所などのスケジュールを決めます。次に、実車査定を受けます。実車査定は、業者のお店に持ち込んむか出張査定かを選べます。現在は出張査定がポピュラーですね。やはり業者に持ち込むのは面倒なので、出張査定がおすすめです。ただし、出張査定を行っていない業者もあるので、事前に確認しておきましょう。実車査定は専門の査定士が行います。出張査定の場合、査定にかかる時間は1社当たり1時間程度ですので、1日数社に査定してもらうことが可能です。査定が終了すると査定士が査定結果を本部に連絡し、最終的な査定額が決定します。そして各業者から提示された最終的な査定額を比較して、あなたが納得のいく査定額を提示した業者と契約することになります。ここで、どの査定額にも納得いかない場合は、各社と価格交渉を行います。価格交渉を行うことで、査定額をさらに上げてもらえる可能性も十分にあります。次に、契約です。あなたが納得のいく査定額を提示した業者に連絡して契約手続きを行います。契約には、車検証・自賠責保険証明書・自動車納税証明書・実印・印鑑証明書などが必要となります。業者によって必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。書類に必要事項を記入し、捺印して契約成立となります。次に、引渡しです。契約手続きが終了すると、車の引渡しを行います。自宅や指定した場所に車を取りに来てくれます。最後に入金です。指定した口座へ売却代金が振り込まれます。いつ振り込まれるかは、買取業者に確認しておきましょう。また、入金額が正しいかのチェックも怠らず。以上が、一括査定を使用して車を売る大まかな流れとなります。