長距離時間運転でも疲れない安い車ならセダンがおすすめ

 

長時間の運転でも疲れない車。でしたら、基本的にはセダンやスポーツカーがおすすめです!私自身が、腰痛を持っているので「運転が疲れない車」にはいつも意識しながら車を選んでいますので参考にして頂けると嬉しいです。

 

スバルレガシィB4 3.0 ブリッツェン(4WD)

 

長距離時間運転でも疲れない安い車ならセダンがおすすめ

 

まず、いちばん運転が疲れる車は「軽自動車」です。軽自動車の場合、いちばんのメリットは“維持費”になります。ですから、車の内装までお金がかかっていません。今でこそ、昔に比べれば内装も豪華に出来ますが、とはいえ、軽自動車です。車の運転が好きな人はまず選びません。車が好きな人、運転が好きな人は、排気量の大きい車を選ぶ傾向が強いです。その理由は、運転が疲れにくいからです。排気量が大きいので車にパワーがあります。それに、スポーツカーでしたら運転することはとうぜん意識して作られているので、標準グレードのシートでも、ホールディングの良いシートが設定されています。

 

グレードの良い車(中古車)でしたら、レカロシートなどに変更しているケースもあるので、さらに運転はしやすくなります。本体価格自体も、少し年式の古い物を選べばすごく安く購入することが出来ます。セダンでしたら、トヨタのクラウンや、アリストなど、4WDであればスバルのレガシィB4なんかは特に価格もリーズナブルです。当時では、高級車で300万円ほどもする車です。乗り心地も良く、運転は疲れることはありません。4WDの車ですから、雪道でも安心です。海外でも人気の高いスバルレガシィB4は、比較的高年式ですが安く購入することが出来ます。さらに愛車を高く売ることで、中古車を購入する際にさらに安く購入することが可能です。

 

スマホからでも簡単に愛車の買取価格を調べることができるのですごく便利です。
⇒ガリバーも参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格相場を調べることが出来ます(無料)