今のままでは言い値で買取られてしまうかもしれません

 

ガリバーに限った話ではありませんが、車の買取査定にはトラブルのようなお話を聞くことがあります。

 

大手買取専門店ガリバーは高いお客様満足度があり一番人気が有ります!大手の車買取り店9社中で最もシェアが多く、全体の35%もの人が、ガリバーの査定価格に満足していただき、売却をしているのです。100人中の35人がガリバーの買取り査定サービスを利用していますのでおすすめです。

 

⇒ガリバーが参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格相場を調べてみる(無料)

 

今現在、愛車を売りたいと思った方は気になっているのではないでしょうか?

 

実はこの手のトラブルは、中古車買取り店に持ち込んだ際に担当につく営業マンによって多い少ないがあるトラブルのようです。

 

こういった、サービスを担当する方の態度・対応が気になることは車買取り以外のサービスでも当然気になることですので、ガリバーに限った話ではなくすべてのサービス業界で起こり得る内容だという事ですよね。

 

マナーの良くない店員さん、本当によく目の当たりにすることがあります。とってもおいしいハンバーグを出す洋食店ですら、アルバイトの育成まではサービスの教育が行き届かずに、乱暴な接客をする店員さんがいらっしゃることがありますし、もう少し配慮をして欲しいなと思う時があります。こういった、サービス業界のトラブルは日常茶飯事どこでも起こり得ます。

 

もし、万が一愛車を売却する際にしっかりとサービスしてもらえなかった。思いもよらないことを言われたときは、その店舗での売却を辞めてしまいましょう。例え、高額査定を付けてもらうことが出来たとしても、口コミなどで書かれているようなトラブルがあったのでは気持ちよく車を売ることは出来ません。

 

車の買取トラブルでよくあるのは「相場価格よりも安く買い取られた」などの評判です。そもそも、なぜ相場価格よりも安く買い取られたことが、お客側の立場からわかったのかと言うと、車を売却するお客様自身が、契約後に色々車査定のことを調べることから相場よりも安く買われた!売ってしまった。と言うことが発覚します。安く売却したくない方や、少しでも高く売りたいと思っている方は、コチラのページでよく知識を蓄えて行っていただきたいと思います。

 

「相場よりも安く買い取られた」こういったトラブルで一番の原因は、お客満足を無視する営業マンに担当されたことだと言えます。

 

車を売りに来るお客様のことを第一に考えずに、自身の営業手当稼ぎのために出来るだけ安く買い取ってやろうと考えている営業マンもいるということです。大手中古車販売店の利益が出る構造は、仕入れ値と売り値のギャップで決まります。ですから、そういった仕組みを利用し、営業マンに手当が出る構造が出来上がります。

 

とうぜん営業マンも手当のためには頑張って営業するのです。こういった仕組みはどの業界も同じだと思います。車の買取店でも、住宅販売でも、スーパーマーケットでも構造は同じです。ですから、車買取り査定を検討されているのでしたら、1社だけの査定見積もりが希望額になったといって、他の買取店からの査定をチェックしないのはもったいない話です。

 

1社しか査定を受けていないのでしたら、その査定価格は“言い値”の可能性が非常に高いです。上の赤枠にも書かせていただきましたが、高く査定してもらった!と即決してしまうケースが非常に多いのです。このときに、100万円の相場で取引されている車が、80万円だった!と言って喜んでもちろん即決してしまうと20万円の損をしてしまいます。

 

損をしないためには、出来るだけ多くの車買取り店からも査定見積もりを取るように心がけましょう。最低でも3社から査定を受けることが出来るのでしたら、少しでも愛車を高く売ることが可能です。