ローンがある車からでも乗り換え出来ます

 

車の乗り換え、ローン中の車の売却は出来ます!

 

車の乗り換え、ローン中の車の売却は出来ます!

 

高額商品である車。もちろんスパッと現金で一括払いされる方もあるでしょうが、なかなか一括払いで買うことは出来ませんよね。おそらく多くの方が、車を購入するためにローンを組んでいらっしゃることと思います。ただ、ローンの支払いと一口にいっても完済までにかかる時間はまちまち。ローンの組み方によっては、全額払い終えるまでに、かなり長い時間がかかる場合もあります。では、もしもローンの支払が終わる前に、新たに車を買い替える必要が生じた場合、残っているローンはどうなるのでしょうか。ローン中の車(乗り換えようとしている車)の買取・下取価格が、ローンの支払残金を下回っていたら注意が必要です。ローンが残っている状態だと、車の所有権を持つのは(あなたではなく)ローン会社またはディーラーになるため、あなたは自由に車の売買をすることができないのです。ですが、ローン完済まで車を売ることは絶対にできないかというと、そうでもありません。車の下取り価格とローンの支払残金の“差額を現金で払う”という方法、また、車の下取り価格とローン残金の差額を新しく買う車の購入代金に上乗せして”纏めてローンを組みなおす”という方法をとれば、ローン中の車の売却は可能です。ローン中の車は売却できないと思われている方もあるようですが、このように方法によっては可能ですので、覚えておいてくださいね。

 

ローンを出来るだけ少なくするには、今乗っているお車を出来るだけ高く売却することで問題が解決出来ますよね。愛車を高く売ることが出来るのは、一括車買取り査定のサービスです。まずは、愛車の買取り価格の相場を知り、出来るだけ高く買い取ってくれる業者を探し当てることが重要なポイント。

 

愛車を高く売却するためには少し手間がかかりますが、たった1分の作業で、30万円も買取価格が上がることもありますのでローン返済の手助けになることは十分に期待出来ますよね。