車を購入する際、新車にするか中古車にするか迷う人も多いと思います。特に初めて車を購入する人は、車に関する知識や情報量が少ないため、非常に悩むことがあるのではないでしょうか?そこで、新車のメリットについてまとめました。まず新車のメリットですが、新品である、保証が万全、長く乗れる、カスタマイズが自由自在、最新性能の車に乗れる、などが挙げられます。まず、新品であるという点ですが、新車ですので、もちろん最初に購入したあなたがその車のファーストオーナーです。誰も使用していない真っ新の状態ですので、運転するのも非常に気持ちが良いものですし、「汚したくない」「なるべく綺麗に保ちたい」など、車に対して愛着がわきます。部品も全てが新品。ですので、普通に乗っていればすぐに故障することなどありえません。とても安心して乗ることができます。次に、保証が万全という点ですが、新車はメーカー保証が3年もしくは走行距離6万Km以内としっかりしています。さらに、重要な機能を持つ部品に関しては、5年もしくは走行距離10万Km以内の特別保証を設けているメーカーもあります。保証期間内であれば無償で修理を受けることができますので、とても安心です。次に、長く乗れるという点ですが、新品ですので、よほどのことがない限り、すぐに故障するということはありません。また前述の通り、保証制度が万全ですので、経済的に優しくて長く乗ることができます。次に、カスタマイズが自由自在という点ですが、新車はボディカラー・カーナビ・オプションなどを自由自在に選ぶことができるのです。オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションがあり、メーカーオプションはシートや純正ナビなど新車を購入する時にしか選べない装備品を付けることができます。ディーラーオプションは、既に完成した車にディーラー(販売店)で後から自分の気に入った装備品を装着してもらえます。まさに、自分好みの車に仕上げることができるのです。最後に、最新性能の車に乗れるという点ですが、これは新車ならではの特権ですね。常に最新鋭の車を求めることができるのです。これは中古車では実現不可能です。以上が、新車のメリットとなります。

 

⇒新車のデメリットは?