購入した車で何をしたいのかが重要ですね

 

使用目的を具体的にすると後悔しない買い物が出来ます

 

購入した車で何をしたいのかが重要ですね

 

中古車を購入する際は慎重にならなければなりません。車は人生の財産と言っても良いくらい大切なものです。そんな車を「カッコいいから」などの適当な理由で選ぶのは言語道断です。まず、車は非常に高い買い物です。お金がかかるのです。車を購入すると、維持費などの出費がつきまといます。車両本体価格の他に、自動車税・自動車取得税・自動車重量税・自賠責保険料・任意保険料・登録費用・車庫証明手続代行費用・車庫証明手数料・納車費用・希望ナンバー交付手数料・整備費用・ガソリン代・・・などなど。数えだすとキリがないくらいお金がかかってきます。車を購入する時よりも、購入後の方がお金がかかりますね。購入後の出費を頭に入れず、車両本体価格のみで車を選んでしまうと、後々維持費が払えず、車を手放すなんてことになりかねません。ですので、まずは自分の収入と車にかかる全ての出費額とを照らし合わせて、しっかりと検討する必要があります。車を所有すると毎月平均5万円の費用がかかると言われています。結構大きな出費ですよね。また、車をどのような目的で使用するのか明確にしておくのも重要です。「車を持っていれば何となく便利そうだから」などと曖昧な目的で車を購入するのは危険です。通勤用として使うのか、週末のレジャーに使用するのか、地方に住んでいて移動手段としてどうしても車が必要であるなど、目的は明確にしておきましょう。そうすれば、使用目的に最適な車種が選べますし、維持費も明確になりやすく、余裕のある予算を立てることができます。そして、使用目的が明確になったら、その目的に最適なのはどの車種なのかを徹底的に調べましょう。例えば、通勤車なら維持費が比較的安く低燃費な軽自動車やコンパクトカーが良いでしょう。また週末のレジャー用として使うなら、荷物が多く積めるミニバンや悪路でも走りやすいSUVが良いのではないでしょうか。このように車の使用目的とその目的に合った車種を明確にしておかないと、購入後に後悔することになりますよ。中古車を購入する時は、維持費など考えることがたくさんあり、頭を悩ますことが多々あると思います。しかし、それを乗り越えれば、楽しいカーライフを送ることができるでしょう。

 

中古車は、その性質上まったく同じ車が存在しません。ですから、ある程度、ルールを決めてそれ相応の妥協も必要になるのだと思います。最終的な決定には、しっかりと“何がしたいのか?”(何が欲しいのか)を見極めて、車を選ばなくてはいけませんよね。それをしっかりと理解しているのでしたら、「カッコいいから!」でも良いのです。

 

中古車の購入(乗り換え)で、予算が足りない。今乗っている車を高く売りたいのでしたら、買取り専門店で査定してもらうことをおすすめ致します。最低でも3社から査定を取るだけでも、下取りよりも10万円以上高くなるケースが多いです。⇒どこで売るのも同じだと思っていると損をしてしまいますよ!