通勤におすすめの車は?

 

通勤に使うのにおすすめの車をご紹介します。通勤ですので、ほぼ毎日車を使うことになります。となると、気になるのは燃費・税金・保険料・高速料金などのコストですね。なお、通勤距離によっておすすめできる車のタイプは異なります。通勤距離が片道20km以内であれば軽自動車、片道20km以上ですとコンパクトカーとなります。軽自動車は、税金・保険・高速料金が安いのが特徴で、毎日利用する通勤には最適です。しかし、燃費に関してはじっくり検討する必要があります。というのも、軽自動車の燃費は車種によってかなり差があります。「軽自動車は燃費が良い」という先入観で軽自動車を選ぶのは避けましょう。また、軽自動車は馬力が非力なため、高速道路でアクセルを全開にすると、極端に燃費が悪くなってしまいます。乗り方や積載重量によって燃費が大きく左右されます。そのため、片道20km以内と比較的短い距離での通勤に軽自動車は適しているのです。短い距離ですので高速道路を走行する距離もそれ程長くなりません。

 

では、軽自動車でおすすめの車種はどれが良いかと言いますと、スズキのアルトエコ、スバルのプレオ プラスになります。アルトエコの実燃費は平均22km/L程度と低燃費です。小回りが利く上、走行も安定していると評判が高いです。車両価格も80万円〜100万円と低価格となっています。プレオ プラスも実燃費は平均21km/Lとアルトエコ同様低燃費です。次にコンパクトカーですが、片道20km以上の通勤となると重視したいのは何と言っても燃費です。コンパクトカーには低燃費な車種が数多くあります。高速道路を走行しても比較的燃費は安定します。また、快適性も十分で長距離運転でも軽自動車と比べて疲れません。コンパクトカーでおすすめの車種は、ホンダのフィット、トヨタのヴィッツ、マツダのデミオです。 フィットの実燃費は平均15km/L程度。コンパクトカーの中では車内は広めで、快適な運転を実現できます。ヴィッツの実燃費は平均14km/L程度です。アイドリングストップ装着などの機能で燃費を節約できます。また、安全装置も充実しており、安心して乗ることができます。デミオの実燃費は平均14km/L程度。安定した走行が可能で、しかも安全性も高いです。なお、通勤車にハイブリット車を選ぶことはおすすめしません。たしかに燃費は良いのですが、車両価格が同車種よりも30万円以上高くなります。通勤のみの利用では、車両価格を燃費でまかなうことは難しく、結果的に損することになります。