車種、年式、ボディーカラー、装備、補償内容、全て同じで走行距離が4万8千キロと5万2000キロでほぼ変わらないのに値段が全く違う。一方で走行距離4万2,000キロと4万5,000キロのものが価格もほぼ同じ。3,000キロしか違わないのになぜ価格が全然違ってくるのでしょうか?

 

実は走行距離5万キロを境に中古車の車両本体価格を大きな違いが出てくるのです。5万キロ以上の中古車は5万キロ以下のものと比べて評価ががくんと下がってしまうのだと言うことです。値段と走行距離のどちらを優先して車を選ぶかユーザーの価値基準にゆだねられているんですよね。