軽自動車は買取相場も下がりにくい

 

新型車登場後に走行距離5000キロ以下の未使用車が全体の9割以上を占める!人気のウルトラハイトワゴンの代表モデル、「ダイハツのタント」ダイハツのタント現行型が登場したのは昨年の10月。そのわずか2ヵ月後カウントは何にいるライバルを私の家型の新車販売台数トップに躍り出ました。その勢いのまま今年の上半期1月から6月の累計新車販売台数でも2位の日産デイズに約3万7,000階の左のつけ汁となりました。今最も人気のある軽自動車といっても囲んでは無いだろう。登場からまだ1年経っていないが中古車の流通量が今年5月以降に一気に増え、その9割強が走行距離5,000キロ以下、いわゆる登録済の未使用車です。

 

一般的に軽自動車の中古車になっても相場が下がりにくい。新車価格がもともと安い上に人気もあることが原因です。そんな軽自動車でも唯一美味しい時期があります。新型車登場後の最初に登録済生車が大量発生するタイミングです。今この瞬間現行型タントが迎えているのがまさにそれです。ただしこの春は新車と比較した場合安さを追求するなら旧型を狙うのが定石になります。
診察比較した場合今なら中古車市場に流通するほとんどのタントが旨味を味わえます。まずは価格登録済ゆえに購入時に重量税を払うなくてすみますまた全体の9割が足を軽く5,000キロ以下。のため走行距離などの使用感はほぼ新車と変わらないと判断できます。9月を逃してもそばにさほど変化は嫌いでしょうだが10月になれば現行型が登場。新しい要素が薄まります。

 

軽自動車は買取相場が下がりにくいので、売却を検討されているのでしたら初めに相場を知っておくことで高価買取の為の交渉がしやすくなりますね

 

⇒ガリバーが参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格相場を調べてみる(無料)