エコカーを購入する際に減税措置を受けられる「エコカー減税」。自動車取得税においては平成21年4月から実施され平成24年3月31日に終了、自動車重量税については平成21年4月から平成24年4月30日まで、また自動車税については平成24年3月31日まで実施されたこの制度は、低燃費や排ガス規制に対応した環境配慮型自動車、いわゆるエコカーの一般への普及・浸透に大きく貢献した制度として知られています。これを機にエコカーへの乗り換えを果たしたユーザーも数多く存在しており、今後の動向が気になるところでもあります。平成26年以降についても若干の内容変更を伴って継続されており、自動車税は平成26年3月31日まで実施、自動車取得税については平成27年3月31日まで、自動車重量税については平成27年4月30日まで継続されることとなっています。これらの制度を効率よく組み合わせれば、よりお得に新車を購入することができますね。実際にエコカー減税が実施された期間には対象となるエコカーの販売台数が飛躍的に伸びたというデータがあり、市場の変動が注目されるところです。中古車市場においても今後、エコカーというコンテンツが占める割合が大きくなることも考えられます。新車の購入や乗り換えを計画しているユーザーの方は、上手に車を売ってその資金に充当することが期待されますね!一括査定などのインターネットサイトで自身の愛車の市場相場をリアルタイムで把握しておくと、いざという時の行動が迅速になり、後れをとりません!