人気車種ワゴンRの売却に要注意

人気車種ワゴンRの売却に要注意
スズキのワゴンR。軽自動車の購入を考える方にとって、一度は愛車候補として選択肢にのぼった方も多いのではないでしょうか?従来の軽自動車といえば車高の低い小さなタイプか、ワンボックスなどを代表する商用車、というイメージが強いものでした。ところがワゴンRではフロアパネルを二重構造にし、座面を高くすることによって従来にない解放感を実現しつつ、乗り降りはこれまでの軽自動車同様にワンステップで行える、という画期的な車種として登場しました。なおかつスタイリッシュなデザインをあわせもち、後部座席のフォールディングによって大容量の積載スペースも出現するという、今日言うところの「トールワゴン」の先がけとして多くのファンを獲得してきました。まさに軽自動車の歴史の中で記念碑的存在ともいえる名車であると評価できるでしょう。しかし中古車としての市場価格についてはどうでしょうか。結論からいえば登場から年数が経過しているため、「トールワゴン」というカテゴリーでは他の強力な新車が数多く登場しており、ユーザーが中古のワゴンRと新車のトールワゴンを秤にかけたとき、やはり分が悪いと言わざるを得ないようです。逆に言えばそれらの新車と拮抗するだけの高評価がされており、実際にニーズも多いということが言えますが、数が非常に多く出回っている人気車種であることも災いして、買取そのものの価格は伸び悩む傾向が知られています。安く買取たいという本音を隠さない業者もあるとされているため、ワゴンRの売却にはよくよくのリサーチが必要といえるでしょう。