車の査定時走行距離の評価

 

車を売る時、その車の中古車市場での価値を客観的に判断するための材料としてはいくつかの項目があるといわれています。例えば車体の傷やへこみ、またシートなど内装のきれいさなど、外観上のもの。そして駆動系など内部機構の経年劣化に関するものなど多岐にわたります。構造上の専門的な知識を急に身に付けるのは容易なことではありませんが、車に詳しくない人でもひと目で中古車市場価値において高く売れるかどうかの目安が分かるものがあるのです。それはずばり「走行距離」です。車は一般に10万q走ると駆動系の劣化により部品交換などの大々的なオーバーホールが必要になると言われています。そこで中古車としての高評価をキープできる走行距離を「5万q」と考えるのが一般的のようです。この5万qという走行距離を超えた車は中古車市場において評価額がダウンする傾向にあるとされ、ひとつの指標になるといえるでしょう。ただし、買取業者によっては走行距離をあまり問題にしていないところもあり、また、非常に古い車種であればこの目安を超えた走行距離であっても査定に大きな影響を与えないなど、例外も存在するため注意が必要です。この走行距離はあくまで目安のひとつであり、やはり普段のドライビングの蓄積が車にそのまま反映されるため、正確な査定によって差異がでることも考えられます。例え5万q以下の走行距離であっても乱暴な運転を続けた車であればその分ダメージも蓄積されており、思うような評価額が提示されないかもしれません。一方ではその逆もまたしかり、ということですね。

 

いわゆる車種であれば、走行距離が関係ない場合があります。まずは、インターネットで愛車の買取価格相場を調べておくことが高く売るためには重要なポイントとなります。
⇒ガリバーが参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格相場を調べてみる(無料)