男性が原因の不妊もあるので早めの検査で奥様も安心

男性が原因の不妊もあるので早めの検査で奥様も安心

 

実は不妊原因の約50%は男性側の問題だといわれます。不妊検査をすると男性に病気が見つかることも多く、病名には乏精子症や無精子症などがあります。どれも、おれの精子はもうダメなのか…と男性をがっくりさせる病名ですが、ここはきちんと症状や治療法を知っておきましょう。

 

乏精子症は精子数が足りない病気

 

男性不妊の原因トップが乏精子症です。自然妊娠するためには精子の数が4000万以上あるといいのですが(一般的な精子数は2000万以上が正常値です)、乏精子症圧倒的に足りません。乏精子症についてはWHOが基準を定めており、精子濃度、精子運動率、奇形率などいろいろなデータを総合的に見て診断が下されます。

 

乏精子症の男性は陰嚢に触ったときどちらかがモコモコしているのが特徴で、左側の陰嚢に触って気が付くことが多いようです。長時間座っていると、陰嚢が圧迫されて痛みが出ることもあります。乏精子症の原因には精巣の静脈に血液が逆流する「精索静脈瘤」や精巣の働きが低下している「造精機能障害」などがあり、精索静脈瘤は局部麻酔を使う簡単な手術で治療ができます。

 

無精子症は通路がふさがっているかそもそも精子がないかのどちらか

 

無精子症は、精液の中に精子が見えない病気です。無精子症には2種類あり、精子が作られているが通路がふさがって出てこられずにいる閉そく性と、そもそも精子が体内で作られていない非閉そく性に分かれます。

 

閉そく性の無精子症は手術で精子の通り道をつくってやれば、きちんと射精時に精子が出てきます。この状態なら精子も確認でき、女性に不妊原因がなければ自然妊娠が可能です。いっぽう非閉そく性は、治療が非常に難しい。薬物治療か外科治療をおこないますが、治療後も精子の数が増えないケースも多いのです。

 

原因不明の妊娠しにくいケースもある

 

さらに、検査上は問題がないのに妊娠ができないこともあります。男性の場合は、体のどこにも原因が見られないにもかかわらずどうしても精子の数が増えない、運動性があがらないというものです。対策としては不妊クリニックでの治療と並行して、生活習慣を見直して精子の状態をよくするように努めるのがいいでしょう。

 

男性の方の中にはどうしても、不妊治療に奥手の方が多い印象です。ですが「いつか子供できるからもう少しこのまま頑張ってみよう」で済ませてしまうのは、奥様や彼女にとっては納得できないこともあると知っておきましょう。

 

女性の立場からすると、「妊娠できない」という現象は極端に言えば「女性として問題があるカラダ」というように認識してしまいがちです。ですので、できるだけ奥様や彼女にそのような不要なストレスを与えないように、男性側の配慮と言いますか、気配りや協力が必要だということを覚えておいてください。

 

それでもまだもう少し自力で頑張ってみたいという方は、精力増強サプリを試してみてはいかがでしょうか?

 

クラチャイダムゴールドは、精力増強でもっともメジャーなマカよりも精力アップ成分が多いことで今話題の成分です。当サイトでもランキング上位で一番売れているサプリメントになりますし、管理人の僕自身もリピートもしているサプリメントになりますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

TOPへ