物の値段が総じて安くなってきている昨今、低価格競争という言葉が生まれるほどにあらゆる業態で各社がしのぎを削っていますね。自動車業界でもそれは同様で、軽自動車であればたとえ新車でもかなりの低価格で購入できるようになりました。そのように車を買いやすくなたっため、より多くの客層に車購入という選択肢を検討するきっかけを作っています。そればかりか、各メーカー独自により車を購入しやすくするためのシステムを導入しておりホンダのいわゆる「残クレ」のシステムもそんな取組のひとつとして知られています。この残クレとは、一言でいえば数年後の買取価格を保証することによって、より気軽に新車への乗り換えへと移行することを可能としたシステムです。つまり3年、5年といったスパンごとにその車に継続して乗るか、あるいは売却して乗り換えるかという選択をすることができ、売却する場合にはあらかじめ定められた一定の買取価格に従って買い取ってくれるというものです。これにより初期の借入額を低く抑えることができ、また、頭金も0円でOKということから大きな着物にもかかわらず初期負担の少ない状態で車を購入できるのが魅力となっています。また、月々の支払いは3,000円からでも可能という手軽さで、家計にもやさしい親切な支払方法が人気をよんでいます。頭金や下取り車の売却額、またはボーナス払いなども上手に組み合わせることでさらに月々の負担が軽減されるため、特に初めて車を購入する方などにはおススメのシステムですよ!