車乗り換えのコツといえば一体何?

 

 

大切な相棒であるあなたの車。ずっとずっと一緒に走りたい、そう願ってはいてもやはりいつかどこかで乗り換えることになる日がやってきます。どんな名刀でも使い続けるうちに少しずつ少しずつ、磨り減っていくのと同様に、車も長く乗れば乗るほど部品や構造が劣化してきてしまうことを避けられません。愛着をもってボロボロになるまで乗るのも良いものですが、もし中古車として買い取ってもらい、上手に二台目・三台目へと乗り換えることを考えている場合、どのようなタイミングで乗り換えればよいのでしょうか。車の寿命は年式の古さではなく、「走行距離」を第一に考えるのがポピュラーな方法です。様々な部品に劣化が生じ、全面的な部品交換などの大きな修理が必要となる走行距離はざっと10万qと言われています。ただし、このステージまで走りこんだ車は中古車市場での評価額が大幅に下がるボーダーラインでもあり、二台目の購入資金として当てにしている場合は上手な方法とはいいがたいですね。そこで、高評価を提示されやすい車の走行距離のラインを5万q、と考えましょう。この距離までで車を乗り換えると、高価買取によって予想以上の資金源となることも珍しくないため、上手に二台目へと移行できるというものです。ただし、先述の通りボロボロになってでも長く乗りたい、というユーザーも結構多いものです。日本車はその耐久性が海外でも高く評価されており、20万qを超える走行距離でも現役で走り続けている車がざらにあるほどです。そんな場合はこまめにメンテナンスを行い。くれぐれも事故にならないように気を付けてくださいね。