精力増強サプリに使用する原材料記事一覧

南米ペルー原産のマカは、精力剤に活用される事もある活力を秘めた食材ですが、現在ではNASAでも宇宙食として利用している程に有用性が高い事で知られています。歴史は古く2000年程前からペルーで栽培されているものであり、重要な栄養源として親しまれてきたものであり、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸が含まれており、滋養強壮効果や精力アップ、不妊治療等にも活用されるものです。精力剤としてマカの成分を利用され...

ブラジルのアマゾン川流域が原産地のカツアーバは天然ハーブの一種として知られており、先住民に古くから親しまれてきた滋養強壮効果の高いものです。カツアーバの枝葉から有効な成分を抽出して、勃起不全の改善や性欲アップ、中枢神経の刺激、不眠症改善にも効果がある精力増強効果に期待出来ます。含まれた成分としてはカツアビンA・B・Cが有名であり、カツアビンはAからZまでありますが、カツアーバに含まれたのはA・B・...

中国のウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠や周辺にカンカという寄生植物が存在し、ベニヤナギの根に寄生して養分や水分を吸い取って成長するものがあります。ウイグル語でタクラマカンは入れば二度と生きて帰れないという意味であり、過酷な環境下で育つものがカンカですが、砂漠ニンジンとも表現される健康長寿に繋がる砂漠の宝として古くから親しまれているものです。現地では具材やお茶としても活用されていて、滋養強壮効果...

タイ発祥の原産天然ハーブのクラチャイダムは、太古から現地で親しまれてきたハーブです。1000年以上前から男性精力アップをサポートするものとして使われており、日本国内なら沖縄でもクラチャイダムの生産が行われています。クラチャイダムと言うキーワードではなく、日本では黒生姜や黒ウコンと表現した方が解りやすいという方が多く、生姜に近い植物と言えるものです。主成分は亜鉛やアルギニンが挙がり、こうした成分が勃...

コブラは神経毒を備えた毒蛇の種類であり、大型のキングコブラは世界中で恐れられていたり、古代エジプトのツタンカーメンマスク等にもコブラの飾りつけが施されていたり、生命力の強さから信仰対象にもなっていた側面もあります。毒蛇としてのイメージが強いコブラですが、南極大陸以外の殆どの地域にコブラは住んでおり、陸だけではなく海で暮らしているウミヘビもコブラ科に属するものです。コブラ科の蛇の総称をコブラと表現し...

東南アジアのジャングルに自生するトンカットアリは、ハーブの一種として知られており、一見木の根っこのような形状をしています。サプリメントや精力剤の材料に活用されている事が多く、栽培する事は難しいものですから、日本で見かけるトンガットアリは粉末状態やサプリとして触れる事が多いです。豊富な栄養素を含んでいる事でも知られており、滋養強壮や精力アップに繋がるものとして現地で昔から利用されてきたものであり、ト...

毒蛇の一種として知られるマムシですが、古くから食用としても活用されてきたものであり、血流改善や滋養強壮効果を得られるものです。食用だけではなく、粉末タイプやエキス抽出によるドリンク等によって、サプリメントや精力剤成分に利用される事も多々あり、効果効能としては精力アップの他にも背活習慣病予防や疲労回復、精神安定等が挙がります。マムシは酒につけたマムシ酒を使ったり、全身の皮を剥いた状態で乾燥させて、粉...

アマゾンで性活力の木としてムイプラアマは親しまれてきたハーブであり、性機能回復や滋養強壮効果に優れており、精力増強作用に優れているものです。南米アマゾン地方の亜熱帯雨林の低木であり、臭いにはスパイス臭が漂う事が特徴として知られており、土壌に豊富なミネラルが無ければ育たない為に、限られた場所でしか栽培が出来ないものになります。アマゾン地方の語源では、ムイプラアマは精力の付く木という意味であり、胃腸の...

中国の北東部や朝鮮半島を原産地にする高麗人参は、朝鮮人参やオタネニンジンと表現される事も多く、太古から不老長寿の薬効植物として知られてきたものです。日本国内でも一部の地域で栽培されており、栽培期間は長い傾向にありますから4年以上かけて収穫される事になり、6年以上かけて収穫される6年根の効能が最も高いものとされています。特に天然モノの高麗人参は希少価値も高くて薬効も優れていて、高値で取引されているの...

TOPへ